セルライトを取るには?

 

体脂肪が悪化するとセルライトになります。が、体脂肪とセルライトは別物であることは理解しておきましょう。

 

体脂肪は余分なエネルギーが、皮膚の下などに形を変えて蓄えられたものです。細胞の中には脂肪細胞というものがあります。これが脂肪をため込むのです。

 

しかも脂肪をためる一方で増殖します。いったん増えた脂肪細胞は数が減ることはありません。

 

が、まだこの段階であれば、消費エネルギーを増やせば、体脂肪をエネルギーとして使うようになります。あるいは、摂取カロリーを減らしても同様です。

 

「エクササイズだ」「食事制限だ」といったことが有効なのはここまでです。

 

この体脂肪が使われることがなく、しかも血流が悪くなるなどの理由で老廃物もたまりだすと、体脂肪やら老廃物やらが混じり合います。

 

そしてとうとう塊となったのがセルライトです。

 

ここまで行っているかどうかは、見た目でもわかります。皮膚の表面に凹凸ができます。ミカンの皮に似ていますので、この症状には「オレンジピールスキン」との名前がついています。これがセルライトができている目印になります。

 

もはやエクササイズや食事制限だけでは解消できません。まずはマッサージです。目的はいくつかあります。

 

ひとつは凝り固まっているセルライトを柔らかくもみほぐすことです。また、リンパの流れを促して、老廃物などを皮膚や皮膚の下から排除します。細胞を刺激して新陳代謝を上げるのも目的の一つです。

 

その上で、エクササイズや食事制限を併用するのです。長年の不摂生がもたらしたものなので、一朝一夕には解消しないことは承知しておきましょう。


ダイエットを続けるコツって?

 

食事制限(ダイエット)に、エクササイズ。ストレッチもあれば、ヨガにツボ押し。さらにはマッサージやら、脂肪燃焼マシーンまで……たくさんの体脂肪解消法が紹介されています。

 

このうちのいくつかを試してみた人も多いでしょう。が、なかなか満足のいく結果を得た人が少ないのも事実でしょう。

 

三日坊主は極端にしても、継続することが難しかったのではないでしょうか。

 

「今度こそうまくやる」というために、コツをお教えしましょう。

 

@目標設定を低くする

 

多くの人は、一大決心をしたつもりで、理想とする体重や体形を一気に目指すようです。

 

これでは挫折感の方が先にきてしまいます。

 

目標は小さくいくつにも分けたほうが長続きします。ひとつ達成すると、それに喜びを感じて、また次へのモチベーションになるでしょう。

 

A毎日記録をとる

 

体重やウエストサイズなど、毎日計って、ノートなどに記録しておきましょう。スマホやパソコンを使えば、簡単なソフトも用意されていて、自動的にグラフ化することもできるでしょう。

 

努力したことの結果をちゃんと目に見えるような形で残していくのです。

 

こうすることでやはりモチベーションにつながるでしょう。

 

B自分へのご褒美を設定する

 

これもやはりモチベーションの維持のためです。

 

「何キロ体重が減ったら」「何センチウエストが細くなったら」で考えておくのです。アクセサリーや服を買ってもいいし、旅行もいいでしょう。

 

もちろん、その「何キロ」「何センチ」はあまり大きすぎる数字にはしないようにしましょう。


美容お役立ちサイト

夏場に水着を着るなら、VIOの脱毛は欠かせません。ビキニラインだけよりも3か所まとめて脱毛したほうが、コスパもよく、脱毛サロンでもお得なコースが用意されています。光脱毛、レーザー脱毛が主流ですが、費用面、痛さから選ぶのがいっっぱん的です。永久脱毛は完全ではないですが、自分に合った方法で脱毛をすることがポイントです。

※ → VIO永久脱毛の情報サイトはこちら

 

 

きっと痩身をダイエットと考え違いしがちな人々も多くいると聞きますが、専門視点からいえばダイエットとは若干違うものです。
このセルライト自体は、落ちにくい皮下脂肪、他には皮下脂肪のはざまをさすらう組織液で、こういった幾つかの物質が塊を構成し、忌々しくもそれが皮膚面へと押し広がり、それとわかるデコボコした状態を作っています。
http://xn--q9j2cwdqa9fj4fn90ata9096t.com/

 

「最も必要性の高いムダ毛処理イコール髭」という印象があるくらい、ひげ脱毛は定番となっています。人混みを行き来する多くの大人の男性がなんらかの方法で髭のムダ毛処理を習慣にしているに違いありません。
http://xn--q9j2c5g4fpdw78sgiybjnhr63c.com/

 

 


 

 

更新履歴