セルライトの原因となる老廃物とはどのようなものかといいますと、それはエネルギー代謝の際に生じる余剰分の栄養やエネルギーの「燃えかす」だということです。それが、血液やリンパを通って、
腎臓や肝臓でろ過されたあとに腸内にとどまって排出されるのが普通ですが、それはうまく排出されない場合に、セルライトができる原因となっているということです。
老廃物を体内から排出するためには、腎臓や肝臓の機能を高めたり血液やリンパの流れをよくする、、腸の動きをよくするということが必要です。セルライトができる原因を減らすためには、具体的には、「禁酒や禁煙」「水分を多くとる」「食物繊維を多くとる」「半身浴」「リンパマッサージ」など積極的にセルライトのできる原因を減らす工夫が必要です。
また、セルライトエステで行うように、セルライト除去には「コラーゲンの存在」ということも大切です。人間の新陳代謝を促進させるコラーゲンは、大切な働きをしているということがありますが、セルライトの原因にもなっているということです。コラーゲンはコラーゲンに接する細胞に対して増殖や分化などを促すという情報伝達の働きもあるということです。
セルライトを予防するには、セルライトのできやすい太ももやふくらはぎ、お尻といった下半身を中心にマッサージすることです。血行を促進させることでセルライトのできにくい体質になれるということがあります。